黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 突撃!隣の天文台 Vol.20 〜バンドー神戸青少年科学館〜 | main |
宇宙×◯◯ Vo.32 〜電波〜
0
    今回の宇宙×◯◯は、「宇宙×電波」です。

    みなさんは、「電波」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
    携帯電話の電波ですか?それとも電子レンジでしょうか?

    電波とは、光と同じ電磁波の一種で、可視光のうち波長の長いものは赤色光ですが、さらに波長を長くすると赤外線、それをさらに長くすると電波、となります。電波の波長は0.1ミリメートルから100 キロメートルにもおよび、私たちの生活の様々な場面で利用されています。ラジオ・テレビ・携帯電話・防災無線・航空機通信・無線LAN・レーダー・衛星通信・電子レンジ・電子マネー・・・などです。

    とっても役立つ電波ですが、同じ波長の電波を2 人以上が同時に使うと、信号が混ざってしまって、通信が上手くいかなくなります。そこで限りある電波の帯域を仲良く利用する必要があるのです。


    さて、天文学にとっても電波は重要です。宇宙からやってくる電波を観測することで、目に見える可視光とは異なる宇宙の姿が見えてきます。たとえば、銀河を可視光で見た時に光っているのは、たくさんの星々ですが、電波で見るとガスからの放射が明るく見えます。つまり、可視光だけでなく電波も使って観測することで、銀河の本当の姿が見えてくるのです。しかしながら、宇宙からの電波は生活で使う電波と比べて微弱で、多くの宇宙電波は月に置いた携帯電話から地球に届く電波よりも弱いくらいです。


    電波を使う時のルールでは、電波天文学のために保護される波長帯が決められています。しかしながら、宇宙からの電波は幅広い波長帯におよんでいるので、決められた波長以外でも観測する必要があります。そんな時に、すでに生活で使われている電波がある、あるいはこれからその電波帯が使われようとしている、といった場合は、その電波を発信する人 (企業など) と相談し、観測所の周囲では使わないようにしてもらう、違う波長帯を使ってもらう、または電波ではなく有線を利用してもらう、という話し合いをするのです。

    このように、電波天文学の世界にも実社会と結びついた裏話があります。電波を使った観測は、みなさんが普段の生活に使う電波と共存し、成り立っているのです。ぜひ、みなさんも携帯電話よりもずっとずっと弱い電波をキャッチして、宇宙の謎に挑む電波天文学に思いを馳せてみてください。


    参考文献/HP
    【1】国立天文台 電波専門委員会 電波天文周波数小委員会
    【2】電波環境委員会 くらしの中の電波
    【3】総務省 電波利用ホームページ

    By Tazaki

    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ

    宇宙×◯◯ | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする