黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 黄華堂検定 Vol.97 〜秋から冬の空へ〜答え | main | 宇宙×◯◯ Vo.29 〜ホスピス〜 >>
1月の星空 Vol.110
0
    新年明けましておめでとうございます。これまで黄華堂ブログをご愛読いただいている皆様ありがとうございます。2017年もどうぞよろしくお願い致します。

    2017年は正月からとても素晴らしい天文現象を見ることができるかもしれません。「しぶんぎ座流星群」です。この流星群は8月のペルセウス座流星群・12月のふたご座流星群に並ぶ三大流星群で、他の二つの流星群に比べて流星の出現数が年によって大きく変化することで知られています。そんなしぶんぎ座流星群は1月3日23時頃に極大を迎えます。月明かりの影響を受けないため、比較的良い条件で観察することができるでしょう(図1)。


    図1:しぶんぎ座流星群(国立天文台【1】)

    1月9日にはアルデバラン食があります。おうし座の1等星アルデバランが満月の少し前の月によって隠される現象です。今回のアルデバラン食は日本全国で観察可能で、真夜中の空の高い位置で起こるため、とても良い条件と言えます。小型の望遠鏡や双眼鏡を使ってぜひ観察してみましょう。それぞれの地域における食の潜入・出現時刻は国立天文台のホームページで確かめてみましょう【2】。



    図2:アルデバラン食(国立天文台【2】)



    図3:1月の星空

    *天文現象いろいろ*
    ■ 1日 元旦
    ■ 2日 細い月と金星が大接近
    ■ 3日 しぶんぎ座流星群が極大
     /月と火星が大接近
    ■ 4日 地球が近日点通過
    ■ 5日 小寒(太陽黄経285度)
     /月面Xが見える(16時頃)
    ■ 6日 上弦
    ■ 8日 水星が留
    ■ 9日 アルデバラン食
    ■ 12日 満月/金星が東方最大離角
    ■ 17日 土用(太陽黄経297度)
    ■ 19日 水星が西方最大離角
    ■ 20日 下弦/大寒(太陽黄経300度)
    ■ 28日 新月

    参考文献/参考HP
    【1】国立天文台 しぶんぎ座流星群
    【2】国立天文台 アルデバラン食
    【3】国立天文台 ほしぞら情報
    【4】Astro Arts 2017年1月の天文現象

    by Kobayashi & Moritani


    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    今月の星空 | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする