黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あなたの知らない宇宙 Vol.57 ~ブレーザー~ | main | サマーソニック観望会報告 >>
11月の星空
0
    秋もすっかり深まり、冬も間近となった11月はどのような星空を楽しむことができるのでしょうか?11月の星空を紹介します。

    11月14日の満月は、2016年の満月のうち一番大きく見えるいわゆる「スーパームーン」です。月は地球の周りを公転運動しています、その軌道が楕円のため、月と地球の距離は約36万kmから約40万kmの間で変わります。つまり、月そのものの大きさが変化しているわけではなく、月と地球との距離の変化によって見かけの大きさが変わって見えるのです。11月14日の20時20分頃には月と地球の距離が約35.7万kmまで最接近します。目で見るだけではその大きさの違いに気がつくのは難しいかもしれませんが、是非とのように感じるか観察してみてください。

    また、11月は10月に引き続き様々な惑星を楽しむことができます。金星は上旬にはへびつかい座の近くに、中旬以降はいて座の近くに約-4等もの明るさで輝きます。火星はいて座からやぎ座へ移るため、宵の南西の空に見えるでしょう。木星はおとめ座のそばで輝くため、日の出前に東の空に見えます。朝早起きに挑戦してぜひ観察してみてください。水星や土星はみかけの位置が太陽に近いため、観察するのはとても難しいですが、望遠鏡などを用いて探してみるのもいいかもしれません(望遠鏡で太陽を見ないように注意してください)。さらに、11月にはこれらの惑星の間を月が通っていきます。11月3日には金星・土星のそばで、6日には火星のそばで、25日の明け方には木星のそばで月が輝く様子を見ることができるでしょう。


    図1:11月の星空

    *天文現象いろいろ*
    ■ 3日 文化の日
    細い月と金星・土星が並ぶ
    ■ 6日 月と火星が接近
    ■ 7日 立冬(太陽黄経225度)
    ■ 8日 上弦
    ■ 13日 おうし座北流星群が極大(1時間に2個程度)
    ■ 14日 満月
    ■ 16日 アルデバラン食(東京:am2:30-am3:27)
    ■ 17日 しし座流星群が極大(1時間に2個程度)
    ■ 20日 海王星が留
    ■ 21日 下弦
    ■ 21日 小雪(太陽黄経240度)
    ■ 23日 勤労感謝の日
    ■ 29日 新月


    参考文献/参考HP
    【1】国立天文台 ほしぞら情報
    【2】Astro Arts 星空ガイド


    by Kobayashi & Moritani


    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    今月の星空 | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする