黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 9月の星空 続き | main | 黄華堂検定 Vol.84 〜月の文化〜 >>
その時”光”の歴史が動いた Vol.06
0
    1915年にアインシュタインが一般相対性理論を発見したことを始め、光の科学史において様々な発見・発明の記念年ということから、2015年を光と光技術の国際年「国際光年」とすることが国際連合総会で宣言されました。そこで特集として、光が科学においてどう考えられてきたかをその主要な発見・発明とともに振り返ります。

    「光が曲がる!?」

    * * * * *

    光には「直進する」という性質があります。(第1回参照)
    これはもっと正確に言うと「光は“空間の中を”直進する」ということです。私たちは普段「空間」の中で生活しています。光もこの「空間」の中を直進しているので、私たちから見れば光はやっぱり直進しています。


    ところが、アインシュタインの一般相対性理論では「重力によって空間そのものが曲げられる」というのです。つまりその空間を外から見れば、なんと光が曲がって見えるというのです。



    1919年、アフリカのプリンシペ島で皆既日食を観測した英国のアーサー・エディントン(1882年~1944年)は、巨大な重力を持つ天体である太陽の近くに見える星、つまり太陽の周辺を通過する光を放つ星の位置が、本来のその星の位置よりもずれていることを発見しました。そのずれはアインシュタインが予測した1.74秒角(1秒角は1度角の1/3600)に近い1.80秒角で、相対性理論の正しさを裏付ける初めての証拠となりました。


    現在では「重力レンズ効果」と言って、一つの銀河が二つや三つに見える現象も確認されており、アインシュタインの理論を裏付ける証拠はたくさんあります。私たちが普段地球上で生活していて感じることはありませんが、宇宙では巨大な重力によって空間そのものが曲げられ、光も曲がって見えるということが当たり前のように起こっているんですね。

    参考文献
    *「図解 宇宙科学発展史 アリストテレスからホーキングまで」
      本田成親、2003年12月、工学図書

    by Narita

    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    その時”光”の歴史が動いた | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする