黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6月の星空 | main | 身の回りの光の科学 Vol.01 続き >>
身の回りの光の科学 Vol.01
0
    虹ってどうしてできるの?太陽はなんで眩しいの?赤外線や紫外線って何?テレビってどうして映るの?など私たちの生活には身近だけど意外と知らない『光』に関することがたくさんあります。それらをわかりやすく噛み砕いていく、国際光年にちなんだ特集コンテンツです!!


    「先生どうしてレントゲンって体の中をうつせるの?」

    今年度小学1年生の担任をしております、Noguchiです。
    先日ふと学校の6年生の児童にこんな話を聞かれました。手をケガしたときに、病院でレントゲンを初めて撮ったそうです。さて、みなさんは子どもたちに質問をされて答えることができますか。

    私は以下の内容を簡単に説明しました。

    まずは、そもそもレントゲンという名前の由来は?
    今の時代、体内の健康状態を詳しく知るために欠かせないのがレントゲンです。この名称はレントゲン検査時に使われる「X線」を発見したレントゲン博士からとったものです。では、そのX線って何なのか。X線は、テレビや携帯電話の電波、電灯の光などと同じく、電磁波の一種です。ただ、X線は電磁波の中でも持っているエネルギーが非常に大きく、”物質を透過する”という能力を持っています。もちろんどんな物質でも同じように透過するのではありません。鉛などは透過しづらく、木やプラスチック、そして人体は比較的透過しやすいのです。


    (出典wikipedia)

    ただ、人体の中でも骨がある場所もあれば、心臓のように血液がたくさん集まっている場所、肺のように空気が多く存在している場所などもあります。もちろん各場所によって人体に入射したX線は、反対側までたくさん突き抜けるものや、弱くなって出てくるものなど細かい差ができます。


    その差を医療用のX線画像は、反対側からたくさんX線が出てきたところを黒く、弱くなったところは白く写すようになっています。そのため、透過しやすい肺などの臓器は黒くなり、透過しにくい骨などは、白く写ることになります。


    (出典http://sangyo.hokenshi.net)

    その6年生の児童は、リモコンの先から出ている見えない波のようなものはイメージで理解してくれていました。ただ、リモコンを遮るとチャンネルが変わらないので、透過するという考えがなかったそうです。今回のように、骨の検査じゃないときは、バリウムという薬品をのんで撮影するんだよというと児童はびっくりしていました。

    続く

    参考文献
    ・子どもの「なんで?」がわかる本 たまきみけ、新田哲嗣著、株式会社トライアングル
    ・はたらく人の保健室 http://sangyo.hokenshi.net

    by Noguchi

    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    身の回りの光の科学 | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする