黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あなたの知らない宇宙 〜円盤を持つ星〜続き | main | 世界で星はこう言い伝えられていた! Vol.05 続き >>
世界で星はこう言い伝えられていた! Vol.05
0
    このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
    その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。

    ・ ・ ・ ・ ・ ・

    突然ですが、曲亭馬琴という人をご存知でしょうか。
    日本史で滝沢馬琴という名前で習ったのを覚えている方もいるかもしれません。「南総里見八犬伝」という本を書いた方なのですが、この話は以前、正月ドラマにもなったのでタイトルだけご存知の方もいるかとは思います。ちなみに南総里見八犬伝はドラゴンボールの元になった話のひとつとも言われています。


    「曲亭馬琴と南総里見八犬伝」

    そんな曲亭馬琴が書いた本に「玄同放言」というのものがあります。
    この「玄同放言」の巻ノ一上天ノ部に『蛭児進雄(ヒルコスサノヲ)』という章があります。これは「ヒルコ」「スサノヲ」という二人の神様を表しているのですが、スサノヲという神様の名前は聞いたことがある方は多いと思います。天文学では時折、金星とされることがある神様ですね。


    「玄道方言」

    では、ヒルコとはどんな神様なのでしょうか。
    余り聞き覚えの無い神様の名前ですがヒルコとはイザナギ、イザナミの間に産まれた神様です。
    つまりアマテラスやツクヨミ、スサノヲの兄弟にあたる神様なのです。
    古事記ではイザナギ、イザナミの第一子として、
    日本書紀では第三子として登場します。

    ちょっと不思議な神様なのですが記紀神話(古事記と日本書紀の神話)で違いがある理由は戸矢学氏の著書『ヒルコ---棄てられた謎の神』で紹介されております。ぜひ読んでみてください。記紀神話に共通するヒルコの特徴は「歩けない」ということです。さて、「玄同放言」にはどのようなことが書かれているのでしょうか。


    (以下、玄同放言の一説です。)
    『昔は蛭子(ヒルコ)を日子(ヒルコ)と書いていました。天慶六年日本紀竟宴の歌に蛭子をひるの子と詠んである。毗留能古(ヒルノコ)つまり日之子であり、ひほの音が似ている。日子(ヒルコ)は星である。星をほしと読むのは、後の時代の和訓であって、昔は星をひる子とも、縮めて”ひこ”ともいっていたそうだ。というわけで蛭子は星の神だ。星と言ってもたくさんあるが、どの星かというと北極星である。だから三歳まで歩けずアメノイワクスフネに乗せられて流されたと言われる。(中略)北極星は(動かないので)人の足が立たないもののようであり、またアメノイワクスフネに乗せて流された理由は、易での坎が水を表し、北をさすからで、事文類聚に載っている、星は水の精であるということが根拠である。』

    このようにヒルコが歩けないことが動かない北極星を表していると言う考え方が記されています。


    続く

    by Kimura
    世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする