黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
世界の星の言い伝え Vol.09 ~木星と暦~
0
    このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
    その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。

    ・ ・ ・ ・ ・ ・

    前回は金星についてお話ししました。
    金星は地球から見える惑星のなかでは最も明るい星です。金星についで明るいのは木星で、こちらの星も人々の目を引いていました。


    天文学の一つの重要な側面として暦を作るということがあるました。

    日本では江戸時代の途中までは中国から輸入していたものを使用していました。特に中国から輸入された最後の暦である「宣明暦」は800年以上使用されていました。さらに遡ってみると暦というものは中国では前漢の頃には存在していました。古代の中国の暦では日月の周期の他に、木火土金水の五星の周期を用います。その中で最も重要な役割を果たすのが木星なのです。

    歴史的な流れを見ると木星という名前は後についたもので、歳星がもともとの名前だったようです。最も主要な惑星であった、歳星に対して五行の中で主要な「木」の名前が与えられ、その後「星」という字を加え「木星」という名前になりました。古代中国における暦はただ木星を基準にしているわけではありません。基準となるのは木星と、ある点から
    反対に動く仮想の天体「太陰」です。


    この「太陰」は月とは別物です。この「太陰」が基準点から木星と反対方向に同じ速度で動き、その存在する位置によって天の赤道を十二等分し寅卯辰巳午未申酉戌亥子丑と名前をつけました。この十二個を十二振といい、「太陰」は一年に一振動きます。

    また、十二振を方角に当てて、子の方角の中央に正北を置き、寅の初めを北東に起き、卯の中央に正東を置くといいたようにしました。この方角をもとに十二種の季節を決めて、また、太陽が子の方向にある時を子の刻、寅の方向にある時を寅の刻と決めました。このよう木星は暦を決める上でとても大切な役割を果たしていました。

    by Kimura

    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
    世界の星の言い伝え Vol.08 ~金星の異名~
    0
      このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
      その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。

      ・ ・ ・ ・ ・ ・

      みなさんは「明けの明星」や「宵の明星」といった言葉を聞いたことがありますか。

      この二つの言葉は両方とも金星を指す言葉です。以前の記事ではスサノオが金星を例えた神様である説を紹介しました。今回は以前のものとは異なる金星にまつわるお話を紹介いたします。金星は「明星」と言われる通りとても明るい星です。高知県の御蔵洞では弘法大師空海の口の中に明星が入り込んで悟りを開いたと言われています。

      また、金星は「釈迦は明星を見て悟りを開いた」という仏教の言い伝えから明星天子と言われており、虚空蔵菩薩として信仰されています。明星を拝み記憶力の促進を願うことを求聞持法といいます。京都の東寺や法輪寺など現在でも虚空蔵菩薩を祀っている場所はあるので記憶力が欲しい方は一度拝みに行ってみてはいかがでしょうか。



      金星は他にも幾つかの名前を持っています。金星は日が落ちてすぐ西の空に明るく輝くので日本人の言う「一番星」は大概が金星を指すことが多く、中国から渡ってきた名前の「太白」や、万葉集に登場する「赤星」などが金星の別名としてあげられます。やはり、明るい星ということで昔の人の目に付いたのでしょう。目につくということは良い方向でも悪い方向でも信仰を集めるということになります。

      良い方向の信仰は先ほど紹介した虚空蔵菩薩などですが、悪い方向では以前紹介したスサノオが暴れるという言い伝えがあげられます。さらに恐ろしいことに、「太白(金星)、辰星(水星)、歳星(木星)が並んで見えれば、災いがある」などという話も残っています。


      今回の結論もやはり目につく星は何かしら人に訴えることがあるということです。ずっと昔からいろいろな信仰を集めてきた金星を見る際には、昔の人がどんな気持ちを込めて見ていたのかなども考えてみてみるのも面白いのではないでしょうか。

      by Kimura

      ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
      また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
      バックナンバーはこちらをどうぞ!!
      黄華堂ホームページ
      世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
      世界の星の言い伝え Vol.07 ~農耕の神?犬星?~
      0
        このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
        その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。

        ・ ・ ・ ・ ・ ・

        これまで北極星、北斗七星と有名な星を紹介してきました。今回はこれまた有名な星シリウスについて紹介しましょう。シリウスはおおいぬ座の星でとても明るく、地球から見ると太陽を除いて一番明るい恒星です。一番明るく見える恒星ということで昔から様々な目印として使われていました。


        シリウス(NASA)

        エジプトでシリウスはソプデト(ソティス)という名の農耕の神の星とされていました。
        では、なぜ農耕の神とされていたのでしょうか。エジプトにはとても大きな川、ナイル川が流れています。この川は年に一回氾濫を起こします。この氾濫は人に被害をもたらすのみではありません。この氾濫によってあふれ出た水を農業に使うができたのです。そんなわけでナイル川の氾濫の時期は農耕を行う人にとって、とても知りたい情報でした。偶然にもナイル川の氾濫の時期というのは、シリウスが日の出前に東の空に昇ってくる時期に重なりました。そういうわけでエジプトの人はこの星を農耕の神の星としました。


        アメリカではシリウスをdog starと言い、夏の暑い時期をdog daysと言うそうです。
        このつながりは何を表しているのでしょうか。まずはdog starですが、シリウスは別名カニクラといい、これはラテン名で「小さな犬」という意味を表しており、ここからつけられた名前だと考えられています。
        また、先にも述べたようにシリウスは地球からの見かけ上、太陽に次いで2番目に明るい恒星です。夏の半ばになると、シリウスが日の出直前に見えその後に太陽が昇ってきます。つまり、シリウスの熱と太陽の熱が合わさると地球はとても暑くなってしまうという考え方から、夏の暑い時期をdog daysと言うようになりました。


        上のような2つの考え方は違う時代、違う場所で生まれたものです。しかし、両方ともシリウスが太陽と共に昇ることを見て生まれた考えです。自分たちの身の回りの環境によって、星の見方は大きく変わってくることがわかるかと思います。逆を言うと星の言い伝えを正しく理解することで、星に対する考え方が生まれた時代の生活環境が読み解けるのかもしれません。そういった意味でも様々な言い伝えを理解するのは大切なことかもしれませんね。

        by Kimura

        ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
        また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
        バックナンバーはこちらをどうぞ!!
        黄華堂ホームページ
        世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
        世界の星の言い伝え Vol.06 〜北斗七星〜続き
        0
          このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
          その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。
          今回は4月20日に更新した、北斗七星に関するお話の続きです。

          ・ ・ ・ ・ ・ ・

          「しそうのほし」は漢字で書くと「四三の星」と書きます。
          「四三」はサイコロの目のこと指していて、この名前は船の上で行われていたサイコロ博打が元になっているという考え方や、すごろくが元になったと言われています。「しそうのほし」が船の上で生まれた名前だと考えると「ふなぼし」「かじぼし」と並んで海に関する名前が多いように感じられます。

          そして北斗七星とは別にカシオペア座には「いかりぼし」という和名が存在しています。北斗七星やカシオペア座が北極星を見つけるために使われていたことを考えると、やはり船で海に出るときには北極星が方角を探すことに役立っていて、それゆえに船に関する和名が北斗七星に付けられていたのだと思われます。


          カシオペア座


          ちなみに「北斗七星」という名前はもともと中国から書いた名前であり日本オリジナルというものではありません。全国的に多かった和名は「ななつぼし」であったそうです。一説では戦時中に方角を見つける際に使う「北斗七星」をさす名前が出身地によって違うことが不便だったことから、「北斗七星」に統一されたと言われています。


          皆様の住んでいるところでは「北斗七星」はどのような名前で呼ばれていたのでしょうか、調べてみるのも面白いかもしれません。このブログのコメント欄に各地方の「北斗七星」の呼び方を書いていただければとてもおもしろくなるかもしれませんね。

          by Kimura

          ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
          また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
          バックナンバーはこちらをどうぞ!!
          黄華堂ホームページ
          世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
          世界の星の言い伝え Vol.06
          0
            このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
            その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。

            ・ ・ ・ ・ ・ ・

            これまでは北極星に関するお話でしたが、
            今回はその北極星を探す目印としても有名な北斗七星について見てみましょう。実は北斗七星は星座ではなくて、春の星座であるおおぐま座の尻尾の部分にあたります。果たして昔の人は北斗七星をどのように見ていたのでしょうか…。


            北斗七星

            とても多くの星の和名を収録している野尻抱影氏の「日本星名辞典」で紹介されている北斗七星に関する和名を見てみると
            「ななつぼし」
            「ひちようのほし」
            「しそう(四三)のほし」
            「ひしゃくぼし」
            「ふなぼし」
            「かじぼし」
            などが挙げられており、

            また北斗七星の一部を指した和名として
            「けんさきぼし」
            「はぐんのほし」
            「そえぼし」
            が挙げられています。

            これらの名前は一つの地方だけに残っているわけではなく、様々な場所に散らばって残っています。つまり、昔の人々は北斗七星の特徴的な形を見て様々な思いを込めていたと考えられます。和名の名付け方というものは見たままをそのままつけるものや、自分の身の回りにあるものに例えたもの、その当時の思想に関わるものをつけるのが多く見受けられますが、共通しているのは人の生活の中から生まれてきた名前であるということです。


            この中でも「ひちようのほし」の「ひちよう」は「七曜」のことであり「七曜」とは日、月、火星、水星、木星、金星、土星のことを指しており、現代の一週間を表しているものが七曜だといえます。七曜は家紋としても使われており、歴史の授業で習う田沼意次の家紋も七曜星でした。ちなみに九曜というものもあり、九曜は上の七曜に羅睺と計都という二つの架空の星を足したものであり、羅睺と計都は日食や月食をおこす星だと考えられていました。

            続く

            by Kimura

            ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
            また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
            バックナンバーはこちらをどうぞ!!
            黄華堂ホームページ
            世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
            世界で星はこう言い伝えられていた! Vol.05 続き
            0
              このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
              その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。
              今回は2月21日に更新した、「玄同放言」に登場する星の神様の話の続きです。

              ・ ・ ・ ・ ・ ・

              さて、この「玄同放言」にはまだ星に関する記述があります。
              それはスサノヲに関する物で次のような物になっています。


              (以下、玄同放言の一説です。)
              『素戔嗚尊は辰(ときほし)の神である。(中略)素戔は布佐であり、通(つ)と布(ふ)は横音(母音?)が一緒である。昔の人は「す」と「つ」を打ちまかして(区別せずに?)使っている例が多い。布佐は房であり、房は房星、星の名前である。(中略)説文二巻で辰を下に使っているのは、震である。三月は陽気が動き、雷電が振るう農業を行う時期である。また、辰は房星であり、天の時である。これらの記述から辰を時間として、星の名前とする。辰は日月の交会する所である。』


              この記述から読み取れることは
              辰は
              房星であり、
              時間であり、
              日月の交会であるということです。

              房星とは現在のさそり座の一部です(図1.房宿参照)。
              また、日月の交会ということは日食のことであると考えられます。
              「玄同放言」のなかだけでもスサノオには様々な説があると考えられます。


              図1:さそり座の房宿

              以前の内容、今回の内容を読んでいただけるとわかることだとは思うのですが、
              一つの星に対してもどの神様が当てられるのか諸説あるのです。
              逆に一柱の神様に色々なモノや事象が当てはめられることがあります。
              日本に昔から伝わっている神話に対する解釈はとても多岐にわたっています
              その中には信憑性のあるもの無い物が混在しており、
              これが正しいと言い切れる物はほとんどないと言えます。

              ですので、それぞれの違いなどを楽しみつつ星空の物語を知ることでができるといいですね。
              また、人にお話するときは「いろんな説があらしいよ」
              と一言教えてあげるといいのかもしれません。

              by Kimura
              世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
              世界で星はこう言い伝えられていた! Vol.05
              0
                このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
                その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。

                ・ ・ ・ ・ ・ ・

                突然ですが、曲亭馬琴という人をご存知でしょうか。
                日本史で滝沢馬琴という名前で習ったのを覚えている方もいるかもしれません。「南総里見八犬伝」という本を書いた方なのですが、この話は以前、正月ドラマにもなったのでタイトルだけご存知の方もいるかとは思います。ちなみに南総里見八犬伝はドラゴンボールの元になった話のひとつとも言われています。


                「曲亭馬琴と南総里見八犬伝」

                そんな曲亭馬琴が書いた本に「玄同放言」というのものがあります。
                この「玄同放言」の巻ノ一上天ノ部に『蛭児進雄(ヒルコスサノヲ)』という章があります。これは「ヒルコ」「スサノヲ」という二人の神様を表しているのですが、スサノヲという神様の名前は聞いたことがある方は多いと思います。天文学では時折、金星とされることがある神様ですね。


                「玄道方言」

                では、ヒルコとはどんな神様なのでしょうか。
                余り聞き覚えの無い神様の名前ですがヒルコとはイザナギ、イザナミの間に産まれた神様です。
                つまりアマテラスやツクヨミ、スサノヲの兄弟にあたる神様なのです。
                古事記ではイザナギ、イザナミの第一子として、
                日本書紀では第三子として登場します。

                ちょっと不思議な神様なのですが記紀神話(古事記と日本書紀の神話)で違いがある理由は戸矢学氏の著書『ヒルコ---棄てられた謎の神』で紹介されております。ぜひ読んでみてください。記紀神話に共通するヒルコの特徴は「歩けない」ということです。さて、「玄同放言」にはどのようなことが書かれているのでしょうか。


                (以下、玄同放言の一説です。)
                『昔は蛭子(ヒルコ)を日子(ヒルコ)と書いていました。天慶六年日本紀竟宴の歌に蛭子をひるの子と詠んである。毗留能古(ヒルノコ)つまり日之子であり、ひほの音が似ている。日子(ヒルコ)は星である。星をほしと読むのは、後の時代の和訓であって、昔は星をひる子とも、縮めて”ひこ”ともいっていたそうだ。というわけで蛭子は星の神だ。星と言ってもたくさんあるが、どの星かというと北極星である。だから三歳まで歩けずアメノイワクスフネに乗せられて流されたと言われる。(中略)北極星は(動かないので)人の足が立たないもののようであり、またアメノイワクスフネに乗せて流された理由は、易での坎が水を表し、北をさすからで、事文類聚に載っている、星は水の精であるということが根拠である。』

                このようにヒルコが歩けないことが動かない北極星を表していると言う考え方が記されています。


                続く

                by Kimura
                世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
                世界で星はこう言い伝えられていた! Vol.04
                0

                  このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
                  その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。

                  ・ ・ ・ ・ ・ ・

                  中国では神様を表していた北極星ですが、
                  日本ではどのように信仰されてきたのでしょうか。

                  もちろん中国から伝わってきた儒教、道教での神として日本にも存在しますが、
                  日本書紀や古事記といった日本の神話にも登場します。


                  天之御中主神(アメノミナカヌシノミコト)
                  という神様の名前を聞いたことがありますか?


                  天之御中主神

                  なんか長くてややこしいですね…。
                  天之御中主神は古事記神話等で、宇宙を作った「宇宙最高神」とされており、
                  あの有名な天照大神(アマテラスオオカミ:太陽の神様)よりも先に登場する神様なのです。


                  天照大神

                  現代では妙見菩薩信仰(北極星を神格化した菩薩)と合わさり
                  「北極星の神」とされています。

                  移動しない北極星は、天空を移動する星たちの中心に位置し、
                  宇宙の中心にあると昔の人が考えた結果、
                  宇宙最高神であり北極星の神という解釈が生まれたのかもしれませんね。


                  やはり日本でも中国と同じように、北極星を神格化した神は神話の中心となっており、
                  動かない星である北極星が人にとってどれだけ不思議なものだったのかを物語っています。

                  このような話を少しだけ思いながら北極星を見るのも面白いのではないでしょうか。


                  余談にはなるのですが
                  坂本龍馬で有名な「北辰一刀流」は開祖の千葉周作が妙見信仰だったので
                  北極星の別名である北辰と言う名を冠した剣術をつくったそうです。
                  ここにも北極星の信仰が影響しているのですね。


                  北辰一刀流開祖 千葉周作

                  by Kimura
                  世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
                  世界で星はこう言い伝えられて来た!Vol.03
                  0
                    このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。
                    その中でも、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます。


                    前回に引き続き北極星にまつわるお話です。

                    旅をする上で大切だった北極星には、人々の信仰するものとしての顔も持ち合わせています。
                    思えば不思議な星ですよね。
                    地球から見えている何千という星の中で唯一ほとんど動かない星が北極星なんです。
                    そんな不思議な星なので他の星とは違うと昔の人は考えました。


                    実は北極星には様々な別名があるんです!!
                    例えば
                    「太一(泰一)」、「北辰」、「ネノホシ」、「北の一つ星」、「妙見」
                    などがあるのですが、実際すべての別名はここに書ききれないくらいたくさんあるのです。


                    まずは中国で生まれた呼び方である「太一(泰一)」についてのお話をしましょう。

                    この太一というのは中国の考え方、信仰の中心ともいえる天帝(の居場所)のことだとされています。つまり、この太一の存在する北側の空というのは天帝の住む宮になるのです。
                    太一(北極星)の周りに存在する12個の星々それらとあわせて紫宮(紫微宮)といわれます。

                    ここで注目!!紫宮っていう名前に紫という色が入っていますね。
                    中国で色関連だと一つの思想が登場します。
                    日本には陰陽道として伝わった陰陽五行思想です。
                    (安倍晴明でも有名ですよね。)


                    陰陽五行思想では方角一つ一つに色が与えられています。
                    それぞれ東は緑、西は縹(はなだ)、南は紅、そして北が紫となります。

                    この陰陽五行思想と太一の考え方から紫が高貴な色とされ、
                    聖徳太子の定めた冠位十二階の一番上位の位は紫の袍(ほう)という着物を着たとされます。

                    中国では北極星が一番偉い神様を表していたということなんですね。(続く)

                    by Kimura
                    世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
                    世界で星はこう言い伝えられて来た!Vol.02
                    0
                      このコーナーでは世界各地の神話や伝説、また星が人の生活にどうか変わってきたかを紹介します。 その中でも特に、「観望会で話すと面白いんじゃないかな」と思えるお話をピックアップしていきます

                      前回は、ベドウィンでの北極星のお話をしました。
                      では、私たちが住んでいる日本においてはどのように見られていたのでしょうか。 では、日本においての北極星はどのように見られていたのでしょうか。

                      北極星の和名は
                      北辰
                      ネノホシ
                      ヒトツボシ
                      キタノホシ
                      トクゾウボシ

                      など色々なものがあります。
                      ある程度納得できる名前ですが、トクゾウボシってちょっと変な名前ですよね。

                      このトクゾウというのは、廻船問屋の名船頭徳蔵のことです。
                      徳蔵がどこからきたのかは諸説あり、兵庫県や愛媛県だという説が有力です、浪速の名船頭とも言われています。やはりこの徳蔵も北極星を使い船を進めていました。日本でも方角を知るために北極星を使ったことがわかります。


                      北極星は一年を通してほぼ真北に位置しています。
                      ほぼ真北ということが大事で、北極星はよくよく見ると少し動いています。少し動いていることに初めて気づいたのは誰なのでしょうか。実は北極星動いてるのを発見したのは徳蔵の奥さんであるという記録が残っています。
                        

                      徳蔵が海に出ている夜、徳蔵の妻は針仕事をしていました。その時に窓の格子の間から、北極星が見えていました。この北極星が時間が経つうちに障子の桟一本分だけ動いていることに気がつきました。夫が航海をしている時にこの動いている星を目印としていることを不安に思いました。妻が徳蔵に北極星が動いていることを伝えると、徳蔵は驚いて本当かどうか確かめるために港に松の木を植えました。松の木のてっぺんと北極星の間を見ていると確かに北極星が動いていることがわかり、その後の航海はより慎重に船を進めるようになりました。

                      北極星が動いていることを知っている人はたくさんいると思います。
                      しかし、そのことをあえて確認しようとする人は多くはないでしょう。海の上では方角が分かるかどうかは生死に関わってきますので、昔の人は現代の人より注意深く北極星を見ていたことでしょう。北極星を見る際にはただ方角を教えてくれる星ということだけでなく、そこに込められた話に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

                      by KIMURA
                      世界の星の言い伝え | permalink | comments(0) | - |
                       1 >>