黄華堂☆星空ブログ

黄華堂の活動や、星空情報、宇宙・天文に関するNEWS観望会で使える小ネタ等を紹介していきます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
黄華堂検定 Vol.99 〜カッシーニ〜 答え
0
    先日の「黄華堂検定 Vol.99 〜カッシーニ〜」の答えです!
    みなさんどのくらい答えられましたか??


    (1):(あ)土星の環(リング)に隙間を発見した
    カッシーニはパリ天文台の初代台長を務めた人物です(彼の子、孫、曾孫もパリ天文台長を経験)。彼は土星の環が複数の環の集合体であることを初めて発見しました。彼が発見した土星のA 環とB 環の間の隙間は、カッシーニの間隙と呼ばれています。なお、土星最大の衛星タイタンを発見したのはオランダの天文学者ホイヘンスです。カッシーニは土星の衛星のうち、イアペトゥス、レア、ディオネ、テティスを発見しています。

    また、カッシーニも月面図を作成したことで知られていますが、初めて月面図を作ったのはイギリスの科学者ギルバートだと言われています。


    (2):(い)ホイヘンス
    タイタンへの着陸機は、まさにそのタイタンを発見したオランダの天文学者ホイヘンスの名が付けられました。彼は土星の環がリング状のであることを初めて確認した人物としても知られています。エンケはドイツの天文学者で、彗星の軌道計算などの業績が有名ですが、土星の環の詳細な観測も行いました。サトゥルヌスは、土星の英語名サターンの由来となった、ローマ神話の農耕神のことです。


    (3):(う)パイオニア11 号
    初めて土星に接近し、観測を行った探査機はパイオニア11 号です。1979 年に土星の上空20,000km まで接近しました。ボイジャー1 号も土星に接近し、様々な発見をしています。パイオニア10 号は木星のみ探査を行い、土星には接近していません。

    By Tsukada

    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
    黄華堂ホームページ
    黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
    黄華堂検定 Vol.99 〜カッシーニ〜
    0
      最近は、土星の第2 衛星エンケラドスの噴出物の話題など、今年9 月に活動を終える土星探査機カッシーニの話題が盛り上がっています。というわけで、今回の黄華堂検定は探査機カッシーニについての問題です。

      (1)探査機カッシーニの名前の由来となったのはフランスの天文学者カッシーニです。次のうち、彼の業績なのはどれでしょうか。

       (あ)土星の環(リング)に隙間を発見した
       (い)土星最大の衛星タイタンを発見した
       (う)初めて月面図(月の地図)を作成した


      (2)探査機カッシーニには、衛星タイタンに着利着陸するための着陸機が搭載されていました(着陸には見事成功)。その着陸機の名前は何でしょうか。

       (あ)エンケ
       (い)ホイヘンス
       (う)サトゥルヌス


      (3)探査機カッシーニは初めて土星のまわりを周回した探査機ですが、これまでにもいくつかの探査機が土星に近づき近接探査を行っています。では、史上初めて土星に接近した探査機は次のうちどれでしょうか。

       (あ)ボイジャー1 号
       (い)パイオニア10 号
       (う)パイオニア11

      By Tsukada

      ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
      また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
      バックナンバーはこちらをどうぞ!!
      黄華堂ホームページ
      黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
      黄華堂検定 Vol.97 〜秋から冬の空へ〜答え
      0
        先日更新した黄華堂検定の答えです!

        (1): (う)「ベテルギウス」
        ベテルギウスは、太陽の1180倍の直径を持つ巨大な恒星です。非常に大きい理由は、赤色超巨星と言われる寿命間近の恒星であるためです。参考図を見ると、ベテルギウス(Betelgeuse)はリゲル(Rigel)・シリウス(Sirius)・太陽(Sun)に比べて非常に巨大なことが分かります。


        図1:恒星の大きさの比較【1】


        (2): (い)「オリオン座が上下逆さまに見える」
        南半球のオーストラリアでは、北の方向にオリオン座が見えるため、地平線に対して上下が逆さまのように見えます。


        図2:南半球におけるオリオン座の見え方【2】


        (3): (い)「平均の大きさの +/- 6.5% 程度で変化」
        月の見かけの大きさは、+/-6.5% 程度と大きく変化します。+/-6.5%程度の変化は、成人男性の身長のバラつき程度です。(平均身長170cmの+/-6.5%は、最大181cm, 最小159cm)月の見かけの大きさの変化は、月が地球の周りを半径一定の円軌道ではなく、楕円軌道で回っているのために生じます。

        図3:2016年最大の満月・最小の満月の大きさ比較(提供:国立天文台)【3】

        参考文献/参考HP
        【1】NASA Space Place HP
        【2】Star Chart
        【3】国立天文台 HP
        黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
        黄華堂検定 Vol.97 〜秋から冬の空へ〜
        0
          紅葉も終わり、夜空の主役は賑やかな冬の星座に変わりつつあります。夜空に思いを馳せながら星空に纏わるクイズで気分転換しましょう!

          (1)冬の夜空の明るい星々を見上げていたあなた。傍ら童に「どの星が一番大きいの?」と聞かれてました。さて、次のうち星の中で直径が一番大きい星はどれでしょうか?
             (あ)シリウス
             (い)リゲル
             (う)ベテルギウス

          (2)12月にオーストラリア旅行へ行ったあなた。満天の星空を見てみると日本で見た星空と比べて何か違和感が。。さて、どんな違和感を感じたでしょうか?
             (あ)夏の星座が輝いている
             (い)オリオン座が上下逆さまに見える
             (う)赤色のベテルギウスが青色に見える

          (3)今年11月にはスーパームーンが話題となりました。さて、満月の見かけの大きさは、どれくらい変化するでしょうか?
             (あ)平均の大きさの +/- 0.65% 程度で変化
             (い)平均の大きさの +/- 6.5% 程度で変化
             (う)平均の大きさの +/- 65% 程度で変化

          by Sumiyoshi



          ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
          また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
          バックナンバーはこちらをどうぞ!!
          黄華堂ホームページ
          黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
          黄華堂検定 Vol.96 〜秋の星空〜答え
          0
            先日更新した「秋の星空」をテーマにした黄華堂検定の解答です。


            ☆答え☆
            (1):(い)「秋の四辺形」
            別名、「ペガススの四辺形」とも呼ばれ、ペガスス座の胴体の部分にあたる星の並びです。11月上旬の午後9時頃には、頭の真上あたり、やや暗い星が四つ、長方形に並んでいます。他に明るい星がないので、意外と見つけやすいですよ。

            (2):(あ)「馬のへそ」
            秋の四辺形の北東角の星は、以前はペガスス座のお腹の星でもあり、アンドロメダ座の頭の星でもありました。現在は、アンドロメダ座α星とされています。アンドロメダ姫の頭の星ではありますが、かつてのペガスス座の名残りで、「馬のへそ」という意味でアルフェラッツと呼ばれています。

            (3):近い順にM45(443光年)・M15(33600光年)・M31(230万光年)
            M45は、銀河系内の散開星団、M15は、銀河系の端の方にある球状星団、M31は我々の住む銀河系のお隣にある銀河で、ケタ違いの遠さです。星の集まりといっても、種類も距離も規模も、全く違っています。星空の奥行きを感じながら、天体観察してみてはいかがでしょうか。

            by hashimoto



            ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
            また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
            バックナンバーはこちらをどうぞ!!
            黄華堂ホームページ
            黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
            黄華堂検定 Vol.96 〜秋の星空〜
            0
              秋から冬にかけて、空気が澄んで、星空がきれいにみられる季節になりました。今回はこの時期楽しめる星空に関する問題です。

              (1)秋の星たちを探す目印となる星の並びは?
              (あ)秋の大三角
              (い)秋の四辺形
              (う)秋の大曲線

              (2)秋の四辺形のうち北東角の星「アルフェラッツ」の意味は?
              (あ)馬のへそ
              (い)姫の頭
              (う)4番目の星

              (3)秋の夜空でみられる星の集まりである、M15(ペガスス座球状星団)、M45(プレアデス星団)、M31(アンドロメダ座大銀河)のうちで、太陽系からの距離が近い順は?

              by hashimoto



              ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
              また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
              バックナンバーはこちらをどうぞ!!
              黄華堂ホームページ
              黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
              黄華堂検定 Vol.95 〜月のクレーター〜答え
              0
                先日更新した「月のクレーター」をテーマにした黄華堂検定の解答です。


                ☆答え☆
                (1):(い)
                南ヨーロッパでは大きなはさみのカニ、東ヨーロッパでは横向きの女性として見ています。他にも様々な見方がありますで、興味があれば調べてみてください。


                (2):(う)
                特定の角度で太陽の光が当たらないと見えないので、一年に数回程度しかチャンスがない、ちょっと珍しい現象です。この現象は「月面X」と呼ばれています。


                (3):(あ)
                月のクレーターには有名な天文学者や数学者の名前がつけられています。ガリレオは16〜17世紀にイタリアで活躍した天文学者です。



                参考文献/参考HP
                【1】月の模様 [http://www.geocities.jp/planetnekonta2/hanasi/moon/moon.html]
                【2】月面X [http://lv1uni.web.fc2.com/tuki/moon-x.html]
                【3】月面の名前 [http://www2s.biglobe.ne.jp/~yoss/moon/moonmap.html]

                by Kawabata



                ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                黄華堂ホームページ
                黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
                黄華堂検定 Vol.95 〜月のクレーター〜
                0
                  先月9月15日は中秋の名月でした。お月見を楽しんだ方もいるかもしれません。今回は月、特にクレーターに関する問題です。


                  (1)日本では月には猝澆鬚弔ウサギ”がいるという話が有名ですね。月の模様を見ているとウサギがいるように見えてきます。他の国では月の模様をウサギではない、様々な見方で捉えられています。次のうち、どの国でも見られていないのはどれでしょうか?

                  (あ)女性
                  (い)猫
                  (う)カニ


                  (2)太陽の光の当たり具合によって、月のクレーターが爐△襯▲襯侫.戰奪箸侶繊匹妨えます。そのアルファベットとは次のうちどれでしょうか?

                  (あ)O
                  (い)I
                  (う)X


                  (3)月のクレーターにはそれぞれ名前が付けられています。次のうち、クレーターの名前として存在するものはどれでしょうか?

                  (あ)ガリレオ
                  (い)コペルニクス
                  (う)アリストテレス



                  参考文献/参考HP
                  【1】月の模様 [http://www.geocities.jp/planetnekonta2/hanasi/moon/moon.html]
                  【2】月面X [http://lv1uni.web.fc2.com/tuki/moon-x.html]
                  【3】月面の名前 [http://www2s.biglobe.ne.jp/~yoss/moon/moonmap.html]

                  by Kawabata



                  ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                  また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                  バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                  黄華堂ホームページ
                  黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
                  黄華堂検定Vol.94〜星名の由来〜
                  0
                    9月は夏の星座、秋の星座、明け方には冬の星座を見ることのできる季節です。今回は夜も更けた頃に見える秋の星座の星の名前について出題です。


                    (1) みなみのうお座
                    秋の星座で唯一1等星を含む、みなみのうお座。その星の名前はフォーマルハウトといいます。このフォーマルハウトはアラビア語でどの意味に当てはまるでしょうか。

                    (あ) 魚の口
                    (い) 魚のエラ
                    (う) 魚のひれ



                    (2)アンドロメダ座
                    アンドロメダ座で1番明るい星、かつアンドロメダの頭にあたる星はアルフェラッツといいます。このアルフェラッツとはアラビア語でどの意味に当てはまるでしょうか。

                    (あ) 王女の頭
                    (い) エチオピアの顔
                    (う) 馬のへそ



                    (3)くじら座
                    くじら座の心臓にあたる星はミラといいます。このミラとはラテン語でどの意味に当てはまるでしょうか。

                    (あ) 不思議な星
                    (い) 心臓の星
                    (う) 生きる星


                    【答え】
                    (1): (あ)
                    フォーマルハウトはアラビア語でフム・アル・フートといい、「魚の口」という意味があります。ちょうど魚の口にあたるのでそのままの意味ですね。秋の星座で唯一の1等星であること、南の方角に見えることから、「南の一つ星」という和名もあります。東北には「秋星」という呼び方もあるそうです。

                    (2): (う)
                    王女の頭にあたる星ですが、アルフェラッツはペガスス座の一部でもあり、ペガススの腹部にあたるため「馬のへそ」という意味があります。

                    (3): (あ)
                    ミラはラテン名でステラ・ミラといい、「不思議な星」という意味があります。これはミラが約332日の周期で2等星から10.1等星まで明るさを変える変光星であるためです。変光星には種類があり、ミラは星自体が膨張したり収縮することによって変光する脈動変光星に分類されます。

                    参考文献/参考HP
                    【1】林完次『宙の名前』新訂版、角川書店、2014年

                    by Yamamichi


                    ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                    また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                    バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                    黄華堂ホームページ
                    黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
                    黄華堂検定Vol.93〜藤原定家〜答え
                    0
                      先日更新した「藤原定家」をテーマにした黄華堂宇宙検定の解答です。


                      *答え*
                      (1):(う)
                      ちなみに、「更級日記」は菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)が平安時代に書いた日記。また、「天文一夕話」は長野県の小学校教師中沢登氏が、天文に関する話を綴った書籍です。


                      (2):(い)
                      日食・月食に関する記述は、計33例あります。そのうち日食については5例、うち不食(日食が起らないこと)は3例あります。また、月食については28例あり、うち不食3例、地平線下の月食は6例です。惑星現象については17例。客星出現例は13例、うち超新星については3例です。ちなみに明月記の中で最も多く記述のある天文現象は、天変ではなく日常見かける月に関する記述です。


                      (3):(あ)
                      現在、公益財団法人冷泉家時雨亭文庫が所有しています。



                      参考文献/参考HP
                      【1】百人一首
                      【2】中沢 登(1973)天文一夕話,信濃教育会出版会
                      【3】斉藤国治(1999)定家「明月記」の天文記録,慶友社,pp.244
                      【4】文化遺産オンライン,明月記 http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/201223

                      by saito


                      ブログを読んだ感想などありましたら、是非コメントいただけると幸いです。
                      また、宇宙や天文に関してこんなことが聞きたいなど要望などもありましたら教えてください!
                      バックナンバーはこちらをどうぞ!!
                      黄華堂ホームページ
                      黄華堂検定 | permalink | comments(0) | - |
                       1 >>